鍼灸治療とは

(はり)、灸(きゅう)といった道具を使い、こり固まった筋肉をほぐしたりすることで、痛みや不調を和らげることができる治療方法です。また、身体に無数に存在する経穴(ツボ)と呼ばれるポイントや、その経穴どうしを結ぶ経絡の流れ(気の流れ)を整えることで全身の調整をおこなう治療方法でもあります。

鍼灸治療1
皆さんが鍼治療、灸治療と聞くとどんな治療を思い浮かべますか?
「鍼」と聞くと、注射器のような太い針を連想したり、「灸」と聞くと、悪さをした時のお仕置きや、おじいちゃんおばちゃんが熱さに顔を歪めて我慢してやっている姿を連想されると思います。

そこでまずは、怖いイメージがある鍼灸治療で使う道具についてお話します。

「はりを刺す」と聞くと、皆さんの頭には注射針が連想されると思います。
注射って痛いし大人になっても嫌ですよね。それには原因があるんです!

鍼と注射針の違いは「太さ」と「先端の形」

一般的に注射針の太さが約0.7~0.9ミリに対して、鍼治療で使われる鍼は0.14~0.34ミリと髪の毛ほどの太さしかなく注射針の3分の1程度の太さなのです。

先端の形にも違いがあります。注射針は、皮膚や血管を破るために先端がナイフのように鋭く尖っています。さらに薬剤や血液を通すため管状になっているのに対し、鍼治療で使われている鍼は皮膚や筋繊維の間をかき分けて入るように先端が丸められています。

鍼

このように太さや先端の形が全く違うので、鍼治療は刺したときに皮膚の抵抗が少なく、痛みもほとんどないのが特徴です。特に日本の鍼は世界的にも痛みが少なく、安全な鍼として有名です。日本のものづくりはすごいんです!!
また、施術の際にも痛みを緩和する打ち方があり、治療を受けられた患者さまも「いつ刺したの?」と気がつかないほどです。

じわーっと身体に熱をいれる灸

灸治療には大きく分けて2種類の方法があります。
痕が残る「有痕灸」と、痕が残らない「無痕灸」があります。

昔はやけどができるまで我慢をした方が効く、なんて言われていたので有痕灸による熱い灸治療が盛んでしたが、現在ではあまり用いられていません。

灸

当院では衛生面に配慮した安全な道具を使用しています

皆さんも、幼少期に受けた集団予防接種などの際に注射針の連続使用によって、B型肝炎ウイルスに感染したとされるニュースを目にしたことや聞いたことがあると思います。
ひと昔前は、注射針の使いまわしや消毒・滅菌をした鍼が再利用をされることがありました。

当院では、患者さまはもちろん施術者自身の感染予防にも最大限の注意を払い、ディスポーザブル鍼(使い捨ての鍼)を使用しています。使用する際に滅菌されたブリスターパックから取り出し、使用後はすべて医療廃棄物として適切に廃棄しております。

鍼灸
また当院で使用する灸は、もぐさを直接肌の上に置く有痕灸ではなく、筒の上に置かれたもぐさを燃やし間接的に温める無痕灸をメインに使用しております。

現在では、やけどの痕が残るなど美容上の観点から直接肌の上に置く灸治療を敬遠される方が多くなってきています。当院がおこなう間接的な灸治療はそんな方でも安心して受けていただけます。

3つの国家資格を取得した者による施術

国家資格
私は2003年4月にこの業界に入り、2007年3月に柔道整復師の国家資格を、2010年3月にはり師・きゅう師(2つを合わせて鍼灸師)の国家資格を取得した、いわば身体を診る「プロ」の専門家です。
国家資格とは、厚生労働省の定める専門学校や大学などの専門の養成機関で、解剖学や生理学・運動学や病理学などの基礎医学を学び、国家試験に合格することで厚生労働省から認められた資格です。

当院の施術者は、西洋医学の専門知識を学んだ筋肉や関節を診るプロの資格「柔道整復師」と、東洋医学の専門知識を学んだ自然治癒力を高めるプロの資格「鍼灸師」を、専門の養成機関で6年間かけて学び国家資格を取得しております。
そして、その後もさまざまな技術セミナーに参加し、知識と技術の研鑽を積んでいる10年以上の臨床経験のある者「のみ」が必ず治療にあたりますので、どうぞご安心ください。

鍼灸治療に期待できる効果

  • つらい痛みを緩和する
  • 血流量の増加、循環不全の改善
  • 内臓の不調を整える
  • 病気を予防する
  • 体質改善
  • 免疫力・自然治癒力を高める
  • 花粉症の症状緩和

詳しくは[花粉症治療]のページをご覧ください >>

西洋医学的鍼灸治療

鍼治療
日本では盛んにおこなわれてきた鍼灸治療も国際的に見ればまだまだ歴史が浅く、約2000年前から続く経穴(鍼や灸で刺激をするポイント)を使った治療ですが、経穴の位置や名称、治療効果などは国によりバラバラで統一性がなく、2006年にWHO経穴部位国際標準化公式会議によって361か所の経穴の位置が統一されました。
これにより西洋医学の分野でも多くの研究がなされ科学的根拠に基づいた鍼灸治療がされています。

当院では、西洋医学的な考えからトリガーポイント療法をおこなっています。
トリガーポイント療法とは、硬く動きの悪くなった筋肉のしこりに直接鍼を刺し、痛みの原因そのものを取り除く治療法です。

詳しくは[トリガーポイント療法]のページをご覧ください >>

東洋医学的鍼灸治療

東洋医学では、「陰陽五行説(おんみょうごぎょうせつ)」という考え方があります。
この世の全ての事象は「陰」と「陽」の2つの気から成り立ち、「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素が相生(相補的)、相剋(相対的)関係によってバランスを保っているという考え方があります。

東洋医学において、「病」とは陰陽や五行の過剰あるいは不足によって心身のバランスが崩れた状態だと考えられています。

木火土金水

この陰陽五行のバランスを整えることにより、心身の自然治癒力を引き出し、症状を治していくことが東洋医学的な治療になります。

西洋医学?東洋医学?

西洋医学と東洋医学の違いは、身体の治し方や考え方にあります。
例えば、1本の大きな木があり、その木の枝には枯れた葉っぱがついていると仮定すると…

  • 西洋医学では、枯れた葉っぱを切り取る治療をします
  • 東洋医学では、なぜ葉っぱは枯れたのかを考え、木の幹や根っこを治療します

原因そのものに対処する西洋医学か、身体全体のバランスを整え根本的に対処する東洋医学かという考え方の違いがあります。どちらにも利点があり、欠点もあります。

たく鍼灸整骨院の鍼灸治療の考え

西洋医学の専門知識を学んだ「柔道整復師」と、東洋医学の専門知識を学んだ「鍼灸師」両方の国家資格を持つ当院だからこそできる治療があります。

脈診
どんなに優れた治療法であっても「あなた」に合った治療法だとは限りません。
患者さまお一人お一人のお身体に合わせた治療が必要です。

そのため、西洋医学に偏った治療や東洋医学に偏った治療ではなく、それぞれの利点を最大限に活かし、西洋医学と東洋医学の双方からアプローチした治療をおこないます。

当院では、全ての方に鍼灸治療をおこなうわけではありません。
整体治療をベースに崩れた心身のバランスを整え、必要と判断した場合のみ、患者さまに確認をしておこないますので、苦手な方に無理におこなうことはありませんのでご安心ください。
問診