健康保険での治療

健康保険が適用されるもの

厚生労働省の定めにより整骨院(接骨院)では、健康保険が「使える疾患」と「使えない疾患」があります。

健康保険の適用は、急性の[捻挫・打撲・挫傷・脱臼・骨折]のみです。

  1. 捻挫(スポーツで足首をひねった、つまずいてひざをひねったなど)
  2. 打撲(転んでひざを強打した、テーブルの角に太ももをぶつけたなど)
  3. 挫傷(走りだしたときにふくらはぎの肉離れを起こしたなど)
  4. 脱臼(肩が外れた、子供のひじが抜けたなど)
  5. 骨折(足をぶつけてヒビがいった、手をついたときに鎖骨を折ったなど)

健康保険が適用されないもの

厚生労働省の定めにより、下記のようなケースは全国どこの整骨院(接骨院)でも、健康保険の適用対象外となります。

  • 日常生活からくる体調不良や疲れ、頭痛、肩こり、慢性痛、神経痛など
  • スポーツや仕事による単なる筋肉疲労
  • 同じ負傷部位について整形外科や他の整骨院に同時受診している場合
  • 負傷年月日や負傷原因が不明確でケガとの因果関係がはっきりしないもの
  • 脱臼や骨折は応急処置のみです。
    2回目以降の治療には、医師の同意(病院に行って医師から「整骨院で治療を続けてもいいですよ」という確認を取ること)が必要です。
  • 健康保険の適用は、スポーツや日常生活などプライベートで起こったケガで、ケガの発生経緯や日時がはっきりしているものに限ります。

スポーツ障害(運動を繰り返しおこなったことによる痛み)や、例えケガであっても受傷から日数の経過している場合は健康保険の適用外になります。
当院では、ケガをしてから1週間以内の受診のみ健康保険適用となり、それ以外の場合はすべて自費での治療となります。

スポーツ外傷(ケガ)やスポーツ障害でお困りの方へ

例えケガによる健康保険を使った治療であっても、健康保険を使った治療では本当に最低限のことしか提供できません。
どうしても健康保険を使った治療になると「根本的な治療」ができず、結果として回復に時間がかかることになります。
また、「今のケガが治ればいい」というだけならいいのですが、「ケガをしない身体づくりを目指す」「パフォーマンスアップしたい」というのであれば、健康保険を使った治療だけではまかないきれません。

そういった考えから当院では、ケガからの早期回復を目指す方や繰り返すスポーツ障害でお困りの方、より高いレベルを目指したいという方には、健康保険の範囲では提供することのできない自費での治療をおすすめしております。

詳しくは[スポーツコンディショニング]のページをご覧ください >>

健康保険の不正請求問題

近年、われわれ柔道整復師(整骨院)を含め、医療従事者による健康保険の不正請求が摘発されるといったニュースが世間を騒がせております。
とある整骨院では「身体を捻った状態でパソコンをしていて肩こりになったので、これは捻挫で請求できますよ」などと、訳のわからない理由をこじつけて健康保険を使い治療をおこなうそうですが、これは立派な違法行為です。

当院にも以前、このような問い合わせのお電話がありました。

「私の友人は○○区の○○整骨院ってところに行っていて、私と同じような症状(肩こり、足のむくみ)ですけど、そこは保険が使えるって言っていました!200円で電気を当ててもらったりマッサージもしてくれるそうで、毎日通ってるみたいです。だから私も近くで整骨院を探して電話を掛けてみたんですが、なんでそちらは保険が使えないんですか?保険が使える整骨院と使えない整骨院があるんですか?」

はっきりとお伝えいたします。
保険が「使える整骨院」と「使えない整骨院」があるのではなく、われわれ整骨院には柔道整復師法という法律の下、保険が「使える疾患」と「使えない疾患」があるのです。

当院は健康保険取り扱いの適正化に努めております

上記に記載した通り厚生労働省の定めにより、われわれ柔道整復師が取り扱える健康保険の範囲は決まっております。
それなのに何故かは分かりませんが、本来健康保険が使えるはずもない「頭痛」「肩こり」「むくみ」などでも、健康保険を使って治療をしている整骨院があるようです。
しかし、どんな理由があっても、整骨院で慢性的な症状に対して健康保険を使って治療するのは違法行為にあたります。
患者さま自身も「知っていたけど安いから」などという理由で故意に健康保険を使用した場合は違法行為にあたり、処罰(詐欺罪)の対象になりますので、十分ご注意ください。

当院は法令遵守で、皆さまの大切な税金から支払われる療養費(医療費)の適正化に努めておりますので、スポーツや日常生活など、プライベートで痛めた急性のケガ以外は全て自費治療とさせていただいております。
皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。