李拓哉 リ・タッチェ プロフィール

院長 李拓哉

経歴

  • 平成医療学園専門学校 柔道整復師科卒業
  • 平成医療学園専門学校 鍼灸師科卒業

資格

  • 柔道整復師
  • はり師
  • きゅう師

スポーツ歴・特技

  • 柔道二段
  • 空手初段
  • フットサル
  • バスケットボール

対外活動

  • 平成29年まで 兵庫県フットサルTOPリーグ「DIABLETI」専属メディカルトレーナー

MY HISTORY

学生時代、整骨院の先生になりたいと決心したものの「君の成績で進学できるところなんて1つもない」と担任の先生に言われるほど、当時の私は完全に学力不足でした。また家庭の事情などもあり高校卒業と同時に進学することができなかったので、平日は弟子入りした整骨院で、深夜や土日は寝る間も惜しんでアルバイトを掛け持ちし、1年後の専門学校入学へ向け必死に準備をしていました。

なんとか入学できたものの、最初の学内試験の順位は115/120位。しかし私が国家試験に合格しないと家族に迷惑がかかる。合格して早く両親を助ける側になりたい。そう自らにプレッシャーを与えながら朝は仕事、昼は学校、夕方からはまた仕事と…
クタクタで帰ってきてから毎日10時間の猛勉強の末、無事国家試験に一発で合格することができました。

しかし資格を取っても急激に治療技術が上がるわけではありません。今まではどこかで「学生だから」と逃げることができましたが、未熟な私を信頼し先生と呼んでくださる患者さまに申し訳ない気持ちでいっぱいで、大切な患者さまのために「治せる 技術」を身につけたいと強く思うようになりました。

それからは新たに鍼灸師になるための専門学校に通い、夕方からは新しい職場で修行という毎日を過ごしていました。

そんなある日、息子のように気にかけ応援してくださっていた患者さまが子宮ガンになられたのです。院長先生なら身体を触ったときに気づけたのではないかと、少しでも早く気づけなかった未熟な自分を責め、後悔し、落ち込む日々を過ごしていました。

それからはそんな後悔を二度としないために「担当する患者さまは絶対に幸せにしたい」という強い思いで、遅いときは深夜3 時4時になるまで、休日も含めた全ての時間を仕事と研修に費やしました。

そしてその後も整形外科での経験など10年間の修業を経て、生まれ育った左京区にたく鍼灸整骨院を開業しました。

ありがたいことに数ヶ月後には毎日2時間待ちの日が続くほどたくさんの患者さまにご来院いただけるようになりましたが、嬉しい反面「長時間お待たせすることで余計に悪くさせてしまうのではないか」という気持ちが芽生えました。

そして2017年1月に「患者さま一人ひとりと真剣に向き合い本当に必要な治療を提供するため」完全予約制の治療院にすることを決意しました。

おかげさまで現在ではたくさんの患者さまからのご紹介で、関東地方や北陸地方、九州地方など、全国からご来院いただけるようになりました。
私はこれからも、多くの患者さまで溢れかえるような「地域No.1の治療院」ではなく、お身体の痛みや不調でお困りの方にとっての「駆け込み寺」のような唯一無二の治療院、治療家でありたいと思っております。

たく鍼灸整骨院 院長 李拓哉

(柔道整復師・鍼灸師 李拓哉 監修)